さかなログ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さかなログ

調べたこと、感じたこと、やってみたことを綴る備忘録的日記ブログ

30代のゆるゆる置き換えダイエット~30日経過しました~

4月24日からスタートしました、30代のゆるゆる置き換えダイエット。

1か月が経過しましたので、経過報告をします。

(20日目はすっかり忘れてました。すいません。)

 

30日目の結果はー1.7kg

30日目の結果としては、-1.7kgという結果になりました。

 スタート時の体重

f:id:sakanahana:20170424232143j:plain

30日後の体重

f:id:sakanahana:20170525060807j:plain

スタート時:74.8kg

30日後  :73.1kg

という結果となりました。

まあまあいいんじゃないでしょうか。1ヶ月で1.7kg減。ペースとしてはやや緩やかな気もしますが、健康的に痩せる!という面ではこのくらいでいいと思います。

 

 

目標に対する結果の推移

 自分でおさらいしてみますが、私の目標は3ヶ月で6kg減量するです。

目標に対する結果の推移をグラフで見てみます。

 

f:id:sakanahana:20170526220406p:plain

はい。遅れ気味です。

まあまあいいペースで来ているのは間違いないですが、それでも遅れてます。

理由はわかってます。私を悩ます習慣である、土曜日の爆食いです。

 

食べ過ぎた

 思い返してみたら、まーたくさん食べてますね。

焼肉

f:id:sakanahana:20170526220631j:plain

巨大お好み焼き

f:id:sakanahana:20170526220716j:plain

極めつけは揚げ物祭り

f:id:sakanahana:20170526221601j:plain

 

これらを私は毎週土曜日にやってしまう習慣があります。

 

この悪しき習慣ですが、この習慣は以前ダイエットをした時の方法で、チートデイと呼ばれるものを取り入れていた時についてしまいました。

チートデイとは、ダイエットをすると必ずといっていいほど訪れる”停滞期”をなくすため、ある期間ごとにカロリーを多くとる日のこと。(私の場合は1週間に1度です。)

それによって、体が飢餓状態になってしまいカロリー消費を抑えようとして起こる停滞期を無くしましょう、という考え方です。

医学的?根拠は分かりませんが、個人的に思った、この方法のいいところが一つあります。

それは、ストレス発散ができること。日々のダイエットで食べるのを我慢しているとどうしてもストレスが溜まります。それが週に1日はいくらでも食べていいのです。当然ストレスは発散できます。

 

実際にやっていた当時は運動もしていたので痩せていきましたし、ストレスもあまり感じずに食事制限できたので、素晴らしい方法と思いました。

ただ私の場合、運動の習慣がなくなってしまい、チートデイの習慣だけ残ってしまったので、それがリバウンドの原因となってしまいました。つまり、ただ単に1週間に1度食べまくっているだけです。

 (これはチートデイという方法が悪いのではなく、あくまでも私の意志の弱さがいかんなく発揮されたために起こったものです。)

週1の爆食をやめます

ということで、週1の爆食をやめます。これが諸悪の根源。

平日よりは多少食べる量は多いと思いますが、とにかく爆食をやめます。

体に良いものでもないですしね。

 

これでこれまでの体重減少具合とどう違ってくるのか、今後の結果が楽しみです。

 

愛着を持つと幸せな気持ちになれる

f:id:sakanahana:20170525054618j:plain

今日は、物欲が強くいつも満足感を得られない、または衝動買いをよくしていた私の解消法について書いてみます。

 

 自分の欲望にばかり目がいって、今現在に満足できない。でもそれは、今、この瞬間の自分を客観的に見ていないだけで、今の自分の周りにも満足できるものはいっぱいある。それに気づくだけでネガティブな考えは薄れていくよっていうお話です。

要約が 長いわ。

 

 

私は愛着が薄いタイプだった

私の好きな歌手の歌詞の中に、

あれこれ欲しいものはあるけど、手に入れたらもう用はない

というフレーズがあります。(正確ではありません)

 

私はまさにこれだったんですよね。

あるものを一度欲しいと思ったら、そのことだけで頭の中は一杯になります。どうやってそれを手に入れようと、思考を巡らせます。

そして念願叶ってそれが手に入ると、その時は幸福感がありますが、少し時間が経つとその喜びはすぐになくなってしまい、所有していることに対する満足感も無くなってしまいます。

そしてまた他のものが欲しくなる。その時には、あれだけ欲しかったものがもうどうでもよい存在に。

 

この繰り返しです。

 

 

妻は愛着を持つタイプ

対して私の妻は、一つのものに愛着を持っているタイプ。

 

例えば、妻は購入してから7〜8年目になる車に乗っています。

 

その前に乗っていた車は、親から貰い受けたものでした。

それがもう寿命でした。15年近く乗っていたものと記憶しています。

 

もう、いつ止まってもおかしくない、買い替え時だ。ということで(なだめすかし)、新しい車(今の車)を買いました。

妻は車を選んでいる時は、新しい車を買うことにウキウキしていました。

 

ですが、いざ乗り換えの時。

前の車を下取りに出していたので、新しい車の納車の時に引き渡しだったんですよね。

 

泣く

その時に彼女は泣いていたんです。

 

私にはその時、彼女が泣いていることが理解できませんでした。

私ならば、新しく乗る車に思いを馳せて、下取りに出す車のことはあまり気にしないでしょう。「これまでありがとう。」とは思うと思いますが、泣くということは全く想像できません。

 

妻は寂しくて泣いた、と言っていました。これまでずっと乗っていた車と離れるのが寂しいと言ってました。

そしてそれはしばらく続きました。

 

現在はその時に買った車に乗っています。

自分の車が一番いい!と豪語しています。今度はその車に愛着を持っているのです。その車に乗っていることに満足しているのです。

 

私はその考え方に、愛着を持つことの素晴らしさを教えてもらいました。

 

 

愛着を持つと、今現在の幸せに気づくことができる

愛着を持つと、その物を持っている、使っているということに満足感を覚えます。満足感は、幸福感に変わります。自分が、今この時、幸せなんだと感じることができます。

 

それは生きていく上でとても大切なことだと思います。

普段の生活で幸せな気持ち、感じていたいですよね。

 

私が感じていた不満足感は、次々に出てくる欲望によって引き起こされているものでした。

そしてそれは、ものに愛着を持つことによって解消できます。

 

今の私は、持っていて気持ちの良くなる物で周りを固めようとしています。

少しずつですが愛着を持つようになってきて、次々と新しいものを欲することは少なくなってきました。

 

 まとめ

 あれが欲しい、これが欲しいと、際限のない欲望があるといつも不満足感を感じ、それがストレスになります。

そんな時は、今の自分が持っている物たちをもう一度見返してみて、その物の良いところを再認識し、愛着を感じてみてください。

 

きっとそのストレスは薄らいでいくはずですよ。

 

 

以上です。

 

【対処法】やる気が出ない時は、とにかく始めてみよう【無気力】

f:id:sakanahana:20170518232251j:plain

どーーーしても、やる気の出ないときってありますよね。

 

仕事、勉強、片付け、家計簿 etc...

 

やらなきゃいけないのにやる気が出ない。期限が迫っているのに手につかない。他のことに目がいってしまう。

 

そんな時は、とにかく無理やりにでもやり始めてみるのがいいよ!ってお話。

 

 

私はメンドクサがり

私は極度のメンドクサがりです。自認しています。

どのくらいかというと、私の趣味はゲームなのですが、ゲームを起動するのもめんどくさい、ゲームで考えるのがめんどくさい、RPGなどで探検するのがめんどくさい、といった風に、もはや自分の趣味でさえもめんどくさくてしないことがあるほど。

 

ましてや先ほど挙げた仕事や勉強などはもってのほかです。

 

それでもなんとかやってはいるのですが、どうしても手につかない、めんどくさくてしょうがない、ってなるときがある。

 

これをやらなければ明日はないぞ!と危機感を募らせてみても効果は薄い。

これをやれば〇〇してもいい!とご褒美をぶら下げてもダメ。

 

と、そんな感じで精神的にやる気を出そうとしてもなかなか効果を得ることはできませんでした。

 

そんな時に、本を読んでいて見つけたいい方法がありました。

 

無理やりにでもやってみる

ある有名な脳科学者の本に書いてありました。

「とにかく、無理やりにでもいいからやってみる、始めてみると、やる気が起きてくる」というもの。

 

これを実際にやってみたところ、私にとって最も効果のある方法でした。

 

とにかくやってみる。最初の一歩だけ踏み出してみる。

 

そうすると、不思議なことにそれまで何をしてもやる気が出なかったことなのに、そのまま続けることができるんです。

うおー!やるぞー! っていう感じではありません。ですが、あれだけ嫌だと思っていたことが特に不快感もなくスラスラと続けることができるのです。

 

ただそれでも、「無理やりにでも始めること自体が億劫だ。」という人がいるかもしれません。

分かります。私もそうですから。

 

そんな時はコツがあります。

 

”始める”ハードルを極端に下げる

始めること自体にハードルを感じるもの。

そんな時は、始めの行動のハードルを思いっきり下げることが効果的です。

 

例えば勉強の場合は、

「この時間になったら、参考書を開いて一文だけ読んでみる」

といった具合です。

 

何時間勉強しよう!とか何十ページ進めよう!とか目標を決めると、やる前からめんどくさくなってやる気が起きません。

それなら、たとえ一文だけでも読んだ方が勉強は進んでいるのでそちらの方がいい、当考えで始めます。

もちろん、一行だけで終わってしまっても良いです。「やった」という事実が残るわけですから、やりたくないことに対する苦手意識は低下していきます。

またそんな感じでやってみると意外と、そのまま勉強を続けることができたりもするのです。

 

私は仕事柄、資格取得を会社から求められることがあるのですが、その勉強もこの方法で行っています。

やはり乗り気ではないのですが、始めてみると意外とそのまま勉強を続けることができるんですよね。

f:id:sakanahana:20170518232333j:plain

脳の仕組みに理由があるらしい

なぜそんなことが起こるのか、ちょっと調べてみました。

 

  • やる気、モチベーションというのは脳の側坐核というところで起こる。
  • 側坐核は、物事をやることによって刺激される。

 

ということらしいです。

つまり、あることにやる気を出すには、そのことを実際にやること次々やる気が出てくるようです。

 

これは経験があります。

掃除をめんどくさいなーと思っいながらも何とかやり始めると、段々と夢中になってきて、しまいには隅々まで掃除をしてしまうこと、ありませんか?

これがいわゆる、側坐核が刺激されてやる気が出てきた状態だと思います。

 

 

まとめ

この方法はけっこう知られているかもしれません。

 

ですが、私が試した中で最も効果のある方法だと思っていますのでここで書いてみました。

どこかのめんどくさがりさんのお役に立てれば幸いです。

 

以上です!

超簡単!はてなブログのトップページを記事一覧にして見やすく出来る!

今回はタイトルの通り、自分のはてなブログのトップページを、記事一覧にする方法を紹介します。

 

 

 いつもは管理画面から自分のブログを見ていたので気づかなかったのですが、普通にアクセスしてみたところ、

  • 最新記事が全文表示されている。
  • 【続きを読む】の位置が毎回変わるので、記事ごとの間隔がバラバラ。
  • そもそも【続きを読む】を入れ忘れている記事がある。

という状況で、お世辞にも見やすいといえるものではありませんでした。

 

 

そこで他のブロガーさんのブログを見てみると、トップページが記事一覧になっていて見やすいものが多い!

ということで、私もやってみました。

 

 

超初心者の私にも簡単にできましたので、あなたも是非トライしてみてください!

自分のブログが、とても見やすくなりますよ!

 

〜簡単〜3ステップで変更可能!

手順はわずか3ステップです。しかも全部コピペでできます。

 

ステップ1:コード入力場所を探す

まずは自分のブログ管理画面から、設定→詳細設定→headに要素を追加を見つけます。

 

設定→詳細設定

f:id:sakanahana:20170521161046p:plain

 

下にスクロールして、検索エンジン最適化→headに要素を追加 を見つける。

f:id:sakanahana:20170521161355p:plain

 

 

ステップ2:コードをコピペ

この位置に、下記のコードをコピペします。

<script type="text/javascript">
 if( location.href == 'http://sakalog.hatenablog.com/'){
 location.href='http://sakalog.hatenablog.com/archive';
}
</script>
<noscript>
<p><a href="http://sakalog.hatenablog.com/archive">さかなログ</a></p>
</noscript>

 

ステップ3:URL(赤字)とブログ名(緑字)を変更する

最後に、コード内のURLとブログ名を自分のものに変更します。

 

URLは、自分のブログを開いたときに、左上に表示されるやつです。

 

ブログを表示をクリック

f:id:sakanahana:20170521162906p:plain

 

URLをコピー

f:id:sakanahana:20170521162946p:plain

 

で、先ほどの赤字の部分に貼り付けます。

(http:// とか、最後の / などはコピペすると勝手に表示されるので注意してください。2重に書かないように!)

 

あとは緑字のところを、自分のブログ名に書き換えれば終了です。

 

最後に画面一番下の【変更する】を押すのを忘れずに!

 

スッキリ見やすくなりました

いかがでしたか?とっても簡単に変更が可能ですね。

 

これをするだけで、自分のブログが見やすくなりました。

 

もし同じお悩みの方がいらっしゃいましたら、ぜひお試しください。

 

ちなみにこの方法を教えてくれたのは以下のブログです。

ありがとうございました!

www.bombkun.com

 

以上です。

 

 

どうしてももう一度、ドイツに行きたい!行くためにはどうするか考える

突然ですが、私には夢があります。

 

それは、もう一度、ドイツにいくこと。

 

 私は数年前ドイツに旅行に行きました。ずっと憧れていたドイツ。その場に行ってとにかく感動し、帰国した時に、もう一度行こう、と決意しました。

その決意を忘れかけていたのですが、ふとPC内に保存していた写真が見たくなって、見ているうちにその思いが蘇ってきましたのでここに記しておきます。

 

今回はドイツの紹介ではなく、サラリーマンの身でもう一度ドイツに行くにはどうすればよいのか?ということを、ゴリゴリの精神論で書いているだけの回です。

 

ドイツはとにかく楽しかった。

 

f:id:sakanahana:20170520120821j:plain

ドイツに行ったのは数年前のこと。新婚旅行でした。妻と私はお互い、高校の頃からドイツに行きたいと思っており、そのきっかけが、社会科の資料集にあったケルン大聖堂の写真に心を奪われたからです。

私と妻は高校は別で、付き合った後にこの話になり、違うところで同じ写真をみて感動し、そこに行きたいと思った

その偶然に驚きました。そして新婚旅行の行き先はドイツ一択。双方とも迷いなく喧嘩することもなく決まりました。

 

正直ドイツに行くのはお金がかかります。ヨーロッパは遠く、飛行機で14時間もかかるようなところなので、そりゃ高いですよね。それでも、ちょっと無理してでも行きたかった。

 

そして実際に行った経験はとても素晴らしいものでした。特に食と風景が私にドはまりしました。ずっと住んでいたい、とまで思いました。そのくらい、ドイツという国は私にとって素晴らしいところでした。

 

その辺は写真とともに、また別の記事にします。

 

 

そのドイツに、もう一度行きたい。

 

ドイツに行くためには

 ドイツに行くために必要なもの。これはもう明らかですね。

 お金と時間。

これに尽きます。

 

まずはお金。

1度目の訪独は、だいたい100万円くらいかかりました。

そこまで贅沢はしてません。泊まるところもそこまでいいところではありませんでしたし、ツアーではなく自分達で行きたいところに行くスタイルだったので、ツアー料金もかかっていません。

食事だって、高級なお店には行ってません。ドイツならではの食べ物はもちろん楽しみましたが、プレッツェルやハンバーガーなどのファストフードで済ませた時もあります。それはそれで楽しかったです。

それでもそのくらいのお金はかかる。

 

時間も同じです。

行って帰ってくるだけで2日はかかります。どうせ行くならゆっくりしたい。となると、少なくても一週間くらいは休みたいです。

 

一度目は新婚旅行だったので、周りの人も融通をきいてくれました。ある程度理解も得られていたのもあります。

だが次行こうとすると、それはただの旅行です。しかも当時に比べて忙しくもなってます。

並大抵のことでは行けそうにありません。

 

 

私は夢のために働いている

お金はなんとかなります。

必死こいて働けばいいんですから。

 

問題は仕事に縛られて時間がないこと。

多くのサラリーマンの方は同じ状況ではないのでしょうか?

 

でも、これを書いていてふと思ったんですよね。

 

それじゃあなんのために働いているの?

 

って。

 

働くのはもちろん、生きるためです。住むところのため、食べるもののため。でもただ生命を維持するだけの生きるでは、私にとって生きる意味というのはあまりありません。

生きたいと思うのは、自分のやりたい「夢」をかなえたいからです。

 

その自分の夢を、叶えられるかもしれないものを、仕事が忙しいという理由で叶えなければ、それは本末転倒だと思いました。

 

ただそれでも、夢を叶えるためには生きなくてはいけません。働かなくてはいけません。

ということで、私の決意が定まりました。

働きまくって遊びまくる!です。

 

 

人の目を気にして、申し訳ないから旅行に行きづらい、、、

なんて消極的な考えをやめます。

バリバリ仕事して、文句言えないような結果を出して、堂々と遊びます。

仕事も全部終わらせて、お金も稼ぐ。

 

それでドイツに行く!

 

夢を叶えるにはこのくらいの気合いで行かなくては。

絶対に行ってやる!

待ってろドイツ!

 

 

っていう心境です。

ちょっと5月病を患いかけてやる気が起こらない日が続いてましたが、心機一転できました。