さかなログ

さかなログ

調べたこと、感じたこと、やってみたことを綴る備忘録的日記ブログ

ゆるゆる置き換えダイエットで30代男は痩せられるのか?挑戦してみる。

f:id:sakanahana:20170424233550j:plain

そうだ、痩せよう。

 

うんうん、痩せよう。

 

ていうか痩せるよね。てか痩せれちゃうよね。

 

痩せるための運動とかもサラッとしちゃって。

 

カロリー制限なんかも簡単にしちゃえるし。

 

で? 順調に? スーッと体重が落ちていって?

 

3か月後とかはもう夏だけど、そのころにはもう思い描いた体形になれちゃうし。

 

イヤー痩せれちゃうわー。まいっちゃうなー。

 

 

てな感じで。

 

自分に言い聞かせてます。

思いこませるといった方がいいのかも知れない。

 

ダイエットをする!と考えると、考えるだけで我慢の連続のような気がして

とたんに気乗りがしなくなります。

 

あれ食べちゃダメ。

運動は週に〇回はしないといけない。

 

そういうのがまず頭の中に浮かんできて、始めるのになかなか踏ん切りがつかなくなってしまいます。

 

それを防ぐために、今は自己マインドコントロール中です。

少しでもハードルを下げてます。

 

それというのも最近お肉が

 

ヤバいです。

特におなか。

 

完全にズボンの上に乗ってます。

ちょっとかかってるくらいのレベルじゃない。しっかりと腰を下ろしています。

 

私の職場は制服があってそれに着替えるのですが、おなかのところのボタンが閉まりづらくなってきてる。

さらに今日は暑く、上着を脱いで夏服仕様になったときに、自分の後ろ姿が丸いことに気づきました。

さらには、今日はちょっと清掃活動というか、会社の敷地内を掃除しようという活動があったのですが、気づいたらちょっと息切れしてました。

 

さすがに焦りました。

これはヤバいぞと

 

感化されました

 

もう一つ、ダイエットしなければ!と気持ちが奮い立った理由。

 

それがこちらの記事です。

maruk03.hatenablog.com

 

完全に感化されました。(すいません勝手に紹介させていただいてます)

 

この記事を書いているのはmaruk03さんという方。

記事の中で、ダイエットをするぞ!と決意表明をしています。(1日1食!)

 

たとえ匿名媒体であるブログであるとはいえ、決意を表明するというのは簡単なことではないです。

 

今まで何度となくダイエットをしてきては、目標に達することはほとんどなく挫折し、また太ることを繰り返してきた私を奮い立たせてくれました。

 

ということで、私も勝手ながら便乗させていただきます。

 

痩せます!

 

その名もゆるゆる置き換えダイエット

 

さてどんな方法で痩せようかと考えましたが、以前ちょっとだけやってみて、意外といけそうだった方法である、

 

プロテイン置き換えダイエット

 

をやってみます。

 

この方法は結構前から有名な、1日3食のうち1食をプロテイン食品に置き換える、というダイエット法です。

 

ですが、今回は有名なダイエット食品を使うのではなく、

 

本当のプロテイン

 

を用います。

 

そのプロテインはこちら。

f:id:sakanahana:20170424232015j:plain

何より安いのが決め手で以前から購入してました。

 

ただプロテインをただ水に溶かしてもあまりおいしくない&お腹にたまらないので、今回は豆乳で割ります。

これが意外とうまい。

(私はさらに青汁粉末のようなものも混ぜて飲んでました。意外といけます。)

 

これを1日1食置き換えます。

 

ただし絶対に1日1食置き換えを守る!絶対に約束は破らない!間食もしない!

とすると途端に守らなくなってしまう私なので、ゆるゆるな条件でやっていきたいと思います。

 

ゆるゆる条件

 

ゆるゆるでストレスを少なく行うための条件はこちら。

 

  1. 基本的に夕食を置き換える
  2. 置き換え以外の食事は好きなものをしっかり食べる
  3. お酒は飲む(ほぼ毎日)
  4. 飲み会などイベント時は気にせず食べる
  5. 休日のうち1日は夕食を豪華にしてお酒も楽しむ
  6. ④、⑤の時は朝or昼を置き換える
  7. 運動は最低週1回行う(なんでもいい)
  8. GW、お盆、正月などの帰省時期はあきらめる(おい)

 

どうでしょうか?かなりゆるい条件だと思います。すでに甘い。

(こんな条件で痩せれるのでしょうか?まあやってみましょう。)

私にとってはこれくらいがちょうどいいです。

 

目標

 

現在の体重は以下の通り。

f:id:sakanahana:20170424232143j:plain

(あれ。ちょっと増えてる、、、)

 

目標としては、私の理想体重である、68kg 以下まで落とします。

タイムリミットは、夏真っ盛りの7月末

 

海のシーズンに向けて、頑張ります!

 

さてどうなるか。今後に期待です。

 

(ただしインドア派なので、海にはきっといかない)

〈超初心者でもできる!〉はてなブログで太字をマーカーでチェックしたような見た目に変える方法

f:id:sakanahana:20170423220637j:plain

ブログ超初心者のおさかなです。

 

ブログのカスタマイズとか、あこがれはするもののどうしたらよいか全く分かりません。

 

CSS?

HTML?

 

全く分かりません。

なんかコード?みたいのがズラーっと並んでいて、意味不明。

変にイジったら、全体がおかしくなってしまいそうで怖いです。

 

そんな私でも、太文字にマーカーラインを書くことができました。

 (こんな感じです。)

 

 

今回は、その方法を超初心者でも分かりやすくまとめてみます。

 

コピペするだけ!CSSをカスタマイズ

まずは、CSSに条件を書き込みます。

 

CSSとは、簡単に言えばブログをデザインする言語のこと。

ここに自分のしたいデザインを打ち込めば、それがブログに反映される(らしい)のです。

 

私も本当の意味は分かりませんが、それだけ知っていればいいかなーと適当に考えてます。

 

 

さて、さっそくやっていきましょう。

 

CSSを変更する画面はココ

 

 まずははてなブログの編集画面に行きます。

f:id:sakanahana:20170423205135p:plain:w500

 そして「デザイン」をクリック。

 

f:id:sakanahana:20170423210431p:plain:w500

 次に、

①カスタマイズ(スパナの形)をクリック

②デザインCSSをクリック

③枠内をクリック

します。

 

f:id:sakanahana:20170423211539p:plain

一番下まで行き、最後尾の文字から一行開けて、赤で囲った部分を記入します。

 

打ち込む文章は、下にあるものをコピペして貼り付けるだけ。

 

 

/*太文字をマーカーラインにする*/
.entry-content strong {
background: linear-gradient(transparent 60%, #7cfc00 40%);
}

 

(/*太文字をマーカーラインにする*/のところはコピペしなくてもOKです。)

 

そして最後に、一番上の「変更を保存する」を押したら終了です!

 

マーカーの色はここで変える

今回の設定は緑色のマーカーに設定してます。

 

マーカーの色を自分の好きなように変更するには、コピペの部分の

「#7cfc00」

の部分を変更します。

 

このコードは色を表すもの。

数多くある色を表すために、コードが設定されています。

 

私は、原色大辞典というサイトで好きな色を探しています。

 

www.colordic.org

 

 これで自分の好きな色のマーカーを引くことができるようになりました。

 

 

 

いやー、PCって本当に不思議ですね。なんでこんなコードを書くだけで、自分の好きなように表現することができるのだろう。

普段何気なく使っているコンピュータですが、先人たちがこのような複雑なシステムを構築して、さらにそれを使いやすいように工夫してくれたんだと、しみじみ思います。

 

 

感謝。

 

 

 

やらなければならないことを先延ばしにしてしまう悪い癖を治す方法

やらなければならないことを先延ばししてしまいます。


そして、もう期限ギリギリになって綱渡りのような状態でバタバターとやっていく。

この文章を書いている現在、そのバタバタ期の真っ只中です。すごいバタバタしてます。


ブログ書いてる場合じゃない(でも書く)


精神的にかなり疲れます


この状態、精神的にかなり疲れます。

 

常に何かに追われている感じ。

 

それは仕事中でも、それ以外でも。
ずーっと焦りのようなものを感じていて、気が滅入ります。


なぜ治らないのか


なぜでしょう?ちょっと解析してみました。

 

その結果、

  • 工程が複雑で、いろいろな要素が関係する仕事
  • その工程を決めるときに淡々と一人で進めなければならない仕事
  • 興味のない仕事

の3つの要素を含む仕事が、なかなかやろうとしない仕事ということに。

 

複雑で、一人仕事が多く、興味がない。

 

これは、めんどくさがり、飽きっぽい、怠け者という、自分の3大欠点と自覚している部分がモロに出た結果とも言えます。

 

乗り切った後の開放感は別格


もう一つ考えていて思ったこと。それは、この追い詰められるバタバタ期を乗り越えることができたとき、すごい快感です。


焦燥感から一気に解放された感じ。

 

ん?

 

もしかしてこの快感を味わうためにやっている?

 

としたら自分は、とんだドMやろうということになります。

 

いやいやそんなことはない。


、、、いやいや。

 

解決策を聞いてみた。

 

いくらそれが自分の快楽を満たすことだとしても(違う)、それでは社会人としては失格ですね。

 

ということで、どうすれば良いか聞いてみました。

 

相談した相手は他部署の先輩で、いつも集中して淡々と、そしてバリバリと仕事を進めている人。


その人に聞いてみると、意外にも、
「自分も昔は仕事を後回しにして、ギリギリにならないと始めなかった」
そうです。

それをどうやって克服したかについては、

 

  • 仕事にかかる前にスケジュールを明確に立てる
  • できる限り細かく立てる(1日単位まで)
  • スケジュールが決まったら、あとは淡々と仕事をこなしていくだけ

 

という方法を徹底した、とのこと。


「ルーチンワークも、企画などのクリエイティブな仕事も、俺はいろいろやってきたけど、結局のところ仕事のやり方に違いはない。どんな仕事にも納期はあって、それに向けてスケジュールを作り、それに沿って淡々と進めるというところでは変わらない」

ということでした。

 

また、「スケジュール作りに時間を取られることを歯がゆく思うかもしれないが、そこはしっかりとやったほうが後々うまくいくことが多いよ」

とも言ってました。

 

私は大体のスケジュールを頭の中で組み立てて仕事を進めていくのですが、スケジュールを書き出すのがめんどくさいから、という理由も少なからずありました。

さらに仕事が立て込んできて、複数の案件を同時進行でこなすとなると、頭の中はもっと混雑してきます。

 

実際にやってみると、効果は絶大

 

とりあえずはやってみようと、チャレンジしてみました。


すると、

スケジュールを書き出すことで頭の中が整理されて、ずっとモヤモヤしてたのですが、驚くほどスッキリしました

 

何より驚いたのは、いざスケジュールを作ってみると、

やりたくない仕事に関する嫌な気持ちが薄れ、その仕事に取り組むことに抵抗がなくなった

のです。

 

これはかなり嬉しかったです。仕事全体に対する嫌な気持ち、特に朝起きた時の
また今日も仕事か、、
という気持ちが減っていったからです。


スケジュールを立てて計画的に仕事する、というのは仕事の基本中の基本です。
私はなんとなくやっていて、出来ていると思い込んでいました。

 

ですが、うまくいっている人に話を聞いて、実行してみたことで、自分の甘さに気づくことができました。

 

やるべきことを細かく、1日単位でスケジュールを決める

 

これが本当に大事ということを身をもって体験できました。
同じ悩みを持っている方いるのならば、一度やってみてはいかがですか?
特に新社会人の方は、初めからこれを意識して仕事をするといいかもしれません。


(スケジュールを立てる作業がめんどくさいとはいえない)

 

私の節約法 お金は使って気持ちが良くなるものに使う

f:id:sakanahana:20170418231552j:plain

欲しいものって、たくさんありますよね。

 
ただそれを際限なく買っていては、お金がいくらあっても足りない。
かといって、お金が無くなるからと買いたいものを我慢ばかりしていてもストレスが溜まってしまう。
 
 
 
以前の私は後者。
漠然とした将来への不安から、ゴールのない節約を続けていました。欲しいものもできるだけ我慢して、どうしても欲しい場合はできるだけ安いものを買う、、、
 
そんなことを10年近くやっていて、ふと思いました。
 

何のために働いてるんだろう、と。

仕事は楽しいばかりじゃない。

嫌なこともいっぱいある。
ヘロヘロになりながら働くときもある。

 

それでも働いているのはお金を稼ぐため。

 
それなのに、自分の好きなものも買えず、ただただ節約節約。そのうち節約に対してストレスが溜まるようになり、なんとお金がたまらなくなってしまったのです。

f:id:sakanahana:20170418231612j:plain

なぜだろうとお金の出入りを詳しく見ていった結果、ストレスを発散するため知らず知らずのうちに食やお酒、外食などが多くなり、支出が増えていたのです。
 
これに気づいたときはショックでした。
一番ショックだったのは、節約がストレスとなっていたのに、お金を使っていい思いをしていたことに気づかず、ストレスだけが残っていたこと。
 
 
これに気づいてから、私はお金に関するルールを決めました。
 
①節約はゴールを決め、月々の貯蓄額を明確に定める。
②それを達成したうえで余ったお金は、自由に使う。
③お金を使う時は、”自分が気持ちよくなるものにお金を使う”ということを重視する。
 
これを意識して生活することで、節約に対するストレスはほとんどなくなり、欲しいものも買えて、とても満足するように慣れました。
 
このうち、特に効果があったのはでした。
 

自分が気持ちよくなるものにお金を使う

自分が気持ちよくなるもの=自分がそれを買ってハッピーになるものと考えています。
 
自分がハッピーになるものを買えば、それを手にするたびに幸せな気持ちになれます。
それを買ったことに関して満足し、
「お金を稼いで頑張って節約して、お金が余ったからこんないい気持ちになるものを買えた」
と感じるのです。
 
それによって節約のストレスも晴れ、節約をポジティブに捉えることができるようになります。
また仕事を頑張る気にもなれます。
 

それではお金がいくらあっても足りないんじゃない?

という考えも当然ありました。
 
なので私は、ものを買う時、決断する前に何度も何度も以下について考えます。
 

そのもののどこに、自分が気持ちよくなるポイントがあるのか

つまり、欲しいもののどこに、自分がハッピーになる部分があるのかと考えます。
言い換えると、妥協できない部分はどこなのか?ということです。
 
例えばあるブランドのある種類の財布が欲しいとします。その場合はそのもの以外に選択肢はありません。よく似たものを買ったって、自分はハッピーにはなりません。
その場合はそれを買うまでお金をコツコツためて買います。その間は我慢ですが、買ったときの幸福感はひとしおです。
 
そうではなく、機能性を大事にしている場合は、その中で自分の求める機能を満たすものを探して、複数の候補の中から買うものを選びます。つまり、機能性に関しては妥協せず、その他の部分に関しては妥協します。
この、その他の部分に関しては妥協する、というところがコツです。嫌な気持ちにならないラインで妥協をすることで、所有する満足感、買った満足感を得ながら無駄にお金を使わないことにもつながります。
 
その場合はけっこう価格の安いものになることも多く、他の欲しいものも比較的すぐに買う検討に入れる、というメリットもあります。
 
 
 
私はこの考えを取り入れたことで
・欲しいものがけっこう買えて満足
・お金の無駄遣いも減ってきちんと貯金できる
という状態になることができました。
 
 
お金に関する考え方は特に人それぞれでしょうが、少しでも参考になれば幸いです。

自己紹介は難しい。とこれまで思っていた。

今週のお題「自己紹介」

 

f:id:sakanahana:20170416233044j:plain

お題に投稿してみます。初めてです。

 

というのも、このブログを始めて約1か月が経過し、1週間に1回の超スローペースを目標に投稿を続けていましたが、そういやここまで自己紹介をしたことはなかったなと思っていました。

そろそろ書いてみようかなーと考えていたところ、計ったかのようにこんなお題が来ましたので、それじゃあやってみようと。

ちょうど出会いのシーズンの春だし、絶好の機会ですね。

 

続きを読む

スポンサーリンク
-->