さかなログ

さかなログ

調べたこと、感じたこと、やってみたことを綴る備忘録的日記ブログ

俺のフレンチ行ってみた!服装とかオーダー方法とか気になるところをまとめます!

「俺のフレンチ」

 

名前を聞いただけで異色だということはすぐに分かるこのお店、ずっと前から行ってみたかったんです。

 

ただ九州住まいなのでわざわざ都心の方まで食べに行くことも難しいし、出張の時なんかにもチャンスはあったけど、なんとなく行く機会がありませんでした。

 

それが博多にあるんですね!全然知らなかった。

f:id:sakanahana:20170620124317j:plain

博多なら行動圏内に入ってるので、気付いた時には予約をし、奥さんとウキウキしながら行ってきました。

 

感想とともに、初めて行く人が疑問に思いそうなことを書いてみます。

 

サクッとまとめると、美味い!安い!人多い!です。

 

それではどうぞ

 

俺のフレンチ!食べるまで

人多い!予約はした方が間違いない

大体一週間前に予約の電話をしました。

一番混むであろう、土曜日の夜にしようと思い電話しましたが、18時以降は全て満席とのこと。

17時から2時間のリミット付きで予約が取れるとのことだったので、ちょっと早いかなとは思いましたがそこを予約。

 

当日は10分前にお店に到着しましたが、長蛇の列。40〜50人くらいでしょうか。

予約してて良かったねーなんて話しながら入り口に行くと、その行列は予約者のものと判明しました。

 

予約しても並ぶなんて、俺のフレンチおそるべし。

 

と、ちょっとがっかりしていたのですが、店員さんたちのテキパキとした対応により、次々と席に案内されていきます。

きっと他のお客さんたちもキッチリと時間制で、スムーズに回転できるようになっているのでしょう。

 

結局、定刻の17時くらいには席に着くことができました。

他のお店ではなかなかないことだと思います。

俺のフレンチおそるべし。

 

服装はなんでもオーケー

俺のフレンチはカジュアルなスタイルのお店のイメージだったんですが、とは言ってもフレンチだしな、、、何着てったらいいんだろうと迷いました。

結果から言えば、普段着でも全然オーケーでした。

Tシャツにジーパンみたいな人も普通にいますし、逆にドレスコードを意識しているような人の方が少なかった気がします。

 

 だから、フレンチとかあんまり行ったことないし、どんな服装でいけばいいのかわからないし、浮いちゃったりするのが怖い、って人いるかもしれないけど、気にしなくていいよ!ってことですね。

 

ただ、tシャツに短パンとか、タンクトップとかはさすがにラフすぎるかなーと思いました。

というか自分はその格好であそこに行くのはハードル高いかなと。

 

自分的にはほんのちょっとおしゃれして行くくらいが、雰囲気も楽しめていいんじゃないかと思いました。

 

そんな感じですね。

 

注文は一品ずつがオススメ!結構すぐ来るよ!

これはちょっと失敗したことなので、声を大にして言いたい。

料理は一品ずつ頼んだ方がいい。

 

入る前の行列と満員御礼な店内の様子から、「こりゃー注文しても料理が来るのは結構時間かかりそうだぞ?」

と思っちゃって、いつもの居酒屋さんのごとく、前菜からメインディッシュまでを一気に注文しました。

そしたら案外すぐに料理が出てきて、食べ終わらないうちに次々と来てしまい、気づけばテーブルの上は料理でいっぱいに。

ちょっと急いで食べなくてはいけなくなりました。

 

周りを見渡すと皆様方1〜2品のみが置かれ、多分半分くらい食べてから次を頼んでるような感じ。

 

明らかに慣れていない感を出してしまい、結構恥ずかしかったです。気にしてる人はいなかっただろうけど。

これはちょっと失敗でした。

 

ここも俺のフレンチおそるべしで、おそらくいつも満席なので、効率的に料理が出せるような仕組みがちゃんとできてるんでしょうね。あまり待たせないような。

 

注文は前菜〜メインディッシュを一通りでOK

どれをどの順番で頼めばいいの?という方がいらっしゃるかもしれません。

 

基本的にはどの順番で頼んでもOKで、その堅苦しくない感じが俺のフレンチのいいところだと思います。

けど、目安としてはメニューが冷前菜、温前菜、メインディッシュ(魚と肉)が並んでますので、順番通りに選んでいけばいいと思います。

 

そして2人で一品くらいのイメージでちょうどいいと思います。

足りなければリゾットか、おつまみがいくつかありますのでそれを頼めばいいかと。

 

食べるとき

マナーは最低限でOK!お箸もあるよ

フレンチといえばマナー。敷居が高そうなイメージからどうしてよいか分からず、行くのを躊躇してしまうかたもいるのではないでしょうか?

 

その点、俺のフレンチはホントに最低限のマナーでいいと感じました。最低限の、といっても、騒がないとか迷惑なことをしないとか、そのレベルの最低限です。

 

フォークの置き方とか、食べる順番とか、そういったいわゆるマナーはまったく気にせず、気軽に食べられる雰囲気でした。

 

お箸もありますしね。私は初めのうちは雰囲気を味わおうかと思いナイフとフォークを使ってましたが、最後の方はお箸でした。

 

その方が楽ですしね。

 

店内も賑やかなので、音がどうのこうのも気になりません。ほんとに気軽に楽しめます。

 

 

ボリューム多い!2人で分け合うくらいでいいかも。

ボリュームはかなりあります。

お店に入っても、2人で分け合うくらいでちょうどいいくらいの量ですよーと教えてくれました。

まさにその通りで、夫婦で各一種類プラスおつまみの全5品でしたがお腹いっぱい

 

さて、肝心のお味は、、、

 普段から食べ慣れていないフレンチ、どんな感じなんだろうとドキドキしていましたが、

とにかく美味しい!

食べたものは以下です。

 

牛フィレとフォアグラのロッシーニスタイル

f:id:sakanahana:20170620125935j:plain

 

生ハムとアスパラのカネロニグラタン

f:id:sakanahana:20170620130036j:plain

 

牛ほほ肉とポテトのナントカカントカ(名前忘れた)

f:id:sakanahana:20170620130133j:plain

 

おつまみにオリーブとドライトマト

f:id:sakanahana:20170620130300j:plain

 

その他にもエスカルゴのパイ包みを食べました。写真忘れました。

初エスカルゴでしたが、とても美味しかったです。

 

スパーリングワインは”なみなみ”

f:id:sakanahana:20170620130511j:plain

メニュー名も”なみなみ”という名前がついています。ほんとになみなみ。

目の前でなみなみに注いでくれます。たまにこぼれます。

 

1杯の量はけっこう多めです。お酒をあまり飲まない方は1杯で十分かと思います。

渡したし夫婦はお酒好きなので、4杯ずつ飲んでますが。

 

食べた後

気になるお値段は

さて、しっかりと堪能しました。あとは気になるお値段です。

ここに来る前は、いくらリーズナブルとは言えフレンチだし、滅多に来れないせっかくの機会だから変に我慢しないで、食べたいのを食べようと思っていましたので、20,000円くらいはするだろうなーと思っていました。

それが、12,000円くらい。

 

ん?

ちょっと待って?

チャージ料が1,000円あるでしょ?

どうせだからって一杯1,200円のシャンパンも頼んだし。

それにフォアグラとステーキみたいなスペシャルなのも食べたよ?

 

夫婦2人で「えっ?」と顔を見合わせて、間違ってないよなーと後でレシートも見直しましたが合ってました。

 

ボリュームが多いので、たくさん頼んだ気になっていましたがそんなことはなく。お酒も結構頼みましたが、このくらいの値段に収まりました。

 

はっきり言ってかなり安いと思います。

 

その他

ジャスの生演奏もあるよ!

時間が合えば、ジャズの生演奏も聞くことができます。

私たちはステージの目の前の席だったので、間近で楽しむことができました。

ステージ時間は20分程度だったので、気軽に楽しめます。

 

f:id:sakanahana:20170620130954j:plain

こんな距離です。めちゃめちゃ近かったです。

 

また行きたい!と思えるいいお店

特別感を味わえて、待ち時間などのストレスもなく、値段もリーズナブルで、なにより美味しい!

 

ってことで、大満足でした。

ホントは滅多に来れないと思い、オマール海老とか鴨のローストとか、食べたいと思ったものは一通り頼んじゃおうと思っていましたが、ボリュームが多くて今回は見送りました。

それでも、考えていたよりもずっと気軽に楽しめるお店ということがわかりましたので、またぜひ行きたいなと思います。

 

もちろん、記念日などに行くのにも最適ですよ。

 

 以上です。

スポンサーリンク
-->