さかなログ

さかなログ

調べたこと、感じたこと、やってみたことを綴る備忘録的日記ブログ

ダイエットしている人はスポーツジムに通うことをお勧めする3つの理由

f:id:sakanahana:20170627233613j:plain

最近、スポーツジムにどハマりしてます。

 

 

実際に通ってみるまでは、スポーツジムに通うことに対するメリットが見いだせなかったんですよ。

「なんでタダでできる運動を、お金払ってまで通ってまでやるんだろう・・・」って。

 

でもとりあえずやってみよう!ということで行ってみたら・・・

めちゃめちゃ楽しい!

 

モチベーション上がりまくりです。ダイエットにも絶対プラスです。

 

ということで今回は、ダイエット目的でジムに通ってみたいけど、ちょっと勇気がない・・・という人にちょっとでもジムの良さを知ってもらいたいと思います。

 

ジムでモチベーションが上がる理由

1、頑張っている人と一緒に運動してモチベーションアップ

ジムではもちろんみんなトレーニングしてます。走ったり筋トレしたり。

みんながそれぞれ頑張っているのです。

 

そんな中に自分がいると、自分も頑張らなきゃ!という気持ちが湧き上がってくるのです。

 

ダイエットは一人でやることのほうが多いので、どうしても孤独との闘い、自分との闘いになりがちです。

一人だとモチベーションが上がらないっていうことも多々あると思いますが、ほかの人が頑張っている姿を見ることで、「よし!自分も頑張ろう!」と自然と思えてきます。

 

それがダイエットを継続させるには大事。

 

2、成果が出ている人を見てモチベーションアップ

ダイエットってなかなか成果が出にくい・出ていても見えにくいものだと思います。

 

こんなに頑張っているのに成果が見えない・・・と悩んでしまうと、モチベーションが下がってしまう要因にも。

 

でもジムには同じダイエット目的で運動している人がいて、中には成果が出ている人を見つけることもできるのです。

 

ほかの人をジーっと見ているわけではありませんが(変人ではありませんよ。断じて。)、何度か通っていると、(あ、この人けっこうよく会うなー)っていう人が出てきます。

その人たちがふと気づくと、前よりスリムになってたりするんですよね。

 

それはまさにダイエットに成功した(しつつある)人たち。

 

その姿を見ると、

「あの人も成功したんだ。自分も頑張ろう。」「自分もああなりたい!」

という目標となり、モチベーションを上げることができます。

 

3、理想の体型の人を見てモチベーションアップ

ジムにはダイエット目的ではなく、体型を維持するため、スポーツでよりよいパフォーマンスを出すため、などの目的でトレーニングしている人もいます。

 

そんな方々は引き締まったいいカラダをしていることが多い。

 

そんな中には自分の理想としている体型の人もいます。

 

痩せたい!こんなカラダになりたい!と、ダイエットを決意するときには誰しも理想があると思います。

 

その理想を体現している人を見ることで、「よし自分も頑張って理想の体型になろう!」と思うことができるのです。

 

 

ダイエットに大事なのはモチベーション

スポーツジムで運動することで、モチベーション高まりまくってます。

 

ダイエットに一番重要なのは、モチベーションだと思います。

 

痩せるぞ!と意気込んで始めたダイエットも、なかなか目に見える結果が現れないとモチベーションが下がっていきます。そしてダイエットとは、なかなか結果が出てこないものです。

 

そしていつの間にかやる気がなくなり、運動しなくなって元通り、、、

そんなことを繰り返してしまいます。

 

私もそんな悪循環に打ち勝てない1人だったのですが、ジムに通いだしてモチベーションは上がりまくりです。

 

下がる気配すらありません。

 

これなら続けられる気がします。

 

一人だけど、一人じゃない

こんなこと言ってる私も、ジムに知り合いがいて一緒にトレーニングしているわけではありません。

友人も通ってはいますが、時間を合わせて一緒に行く、なんてことも特にはしていません。

 

なので基本的には一人でトレーニングしていますが、なんだか同じ目標を持つ人と、時にはライバルであり、時には目標にしながら頑張っているような感じになります。

 

そして、それがダイエットを続けるうえでいい刺激になっています。

 

今まで一人でダイエットをしてきて、途中で挫折してしまった方には特におすすめです。私もそうでしたから。

 

ジムに行きたい。でもなかなか勇気が出ない・・・という方がいたら、ぜひ勇気をちょっとだけ出してトライしてみてください。

 

スポンサーリンク
-->