さかなログ

さかなログ

調べたこと、感じたこと、やってみたことを綴る備忘録的日記ブログ

筋肥大を狙うなら、毎回限界まで追い込むことが必須。その覚悟はあるか。

f:id:sakanahana:20170822215832j:plain

筋トレをしていても、ただ漫然とトレーニングするんじゃダメ。

毎回自分を、自分の筋肉を追い込んでこそ成果は得られる。

どうせやるなら本気でやれ!

 

と、今回はそんなお話です。

 

自分に言い聞かせるためにも書いています。

 

回数をこなす事が目的になっていないか?

トレーニングにはある程度、一般化された方法のようなものがあります。

 

例えば、10回×3セットでやりましょうとか、5回×5セットしましょうとかです。

 

確かに筋トレで、扱う重量を決めるにはいい目安ですが、その回数をこなすこと自体が目的になってませんか?

 

すでに10回×3セットが出来るのに、同じ重量ののまま次回もやっていませんか?

 

この回数の意味は、

『10回×3セットが出来るようになったらその重量はクリアしたので、さらに重量を上げなさい』ということ。

 

すでに10回×3セットが出来るのにそこでトレーニングを終了したりしてはいけないのです。

 

それは筋肉を追い込めていない証拠。

 

10回が挙がらないなら、出来る限りのところまですればいいんです。

 

大事なのは回数ではなく、自分を追い込む事です。

 

 筋肉は、追い込んで初めて成長する

 筋肥大させるためには、筋肉を限界まで追い込まなければ意味がありません。

 

『こんなに強い負荷がかかるなら、もっと大きな筋肉にしなければダメだ』と脳に意識させるのです。

 

そしてそう思うほどの負荷がかかるとき、筋繊維の一部が損傷し、それを回復させる時に以前より大きくなるのです。

 

超回復というやつですね。

 

極論まで言ってしまえば、限界まで追い込まない筋トレは意味がありません。

 

もうダメ。もう限界だ。

と思ってからのあと一回。

 

それを必死で挙げようとする時の頑張りが、筋肉を大きくするのです。

 

そこで挙がらなくてもいい。最大の力で挑戦すれば、効果は現れます。

 

限界からあと一回は本当にキツイ。それでも挑戦する。

正直この一回は、肉体的にも精神的にも本当にキツイです。

 

手や足はプルプルと震え、力が入らないところにどうにかして力を入れようとします。歯を食いしばりながら挙げようとします。

 

精神的にもそう。

 

もうダメだと脳が判断してるのに、それに逆らってもう一回やろうとするのです。

諦めたい、もう終わりにしたいと思う気持ちをはねのけて、挑戦するのです。

 

でも、それを超えなければ筋肉は大きくなりません。

 

自分の願いは筋肉を大きくすること。

そしてこの一回はその願いへ一歩近づくための試練。

 

そんなことまで考えてでも、挑戦しましょう。

 

その価値はあります。

 

自分にもそう言い聞かせていきます。

 

まとめ

 今回をまとめますと、

 

回数よりも如何に自分の筋肉を追い込めるかにフォーカスしろ!

限界からのあと一回を意地でもやれ!

 

ということですね。

 

なんか命令口調になってしまいましたが、全部自分に向けた言葉でもあるので、これくらいの勢いでトレーニングしていきたいです。

 

変わりたい!と思う気持ちや覚悟を思い出しながら、奮い立たせてやっていきましょう。

スポンサーリンク
-->