さかなログ

さかなログ

調べたこと、感じたこと、やってみたことを綴る備忘録的日記ブログ

久しぶりに運動するとドロドロの汗が出るのはなぜ?

f:id:sakanahana:20170917163203j:plain

私はこれまでダイエット目的で、何度もスポーツに挑戦したことがあります。

まあその度に、途中で飽きて数ヶ月全く運動せずにダラダラして、結果リバウンドするんですが。

 

その中で、ずっと不思議だったことがあります。

普段あまり運動しないと、いざ運動をしたときにかく汗って、なんだかドロドロ、ベタベタしてる気がしませんか?

 

汗ってもっとサラサラしてたような気がするんだけどなー、と思ってしばらく運動を続けていると、数回後にはサラサラの汗が出るようになってたり。

 

あれってなんなんでしょうかね?

 

私は、スポーツの習慣がないと体に老廃物が溜まり、それが汗とともに出て行ってるものだと思ってました。

なのでスポーツが習慣になったらあんまり出ないんだと。

 

ちょっと調べてみました。

 

汗には2種類ある

一言で汗といっても、実は人間には2種類の汗があるそうです。

汗は汗腺と呼ばれる器官から出るのですが、その器官が2種類あり、一つをエクリン腺、もう一つをアポクリン腺といいます。

 

そのそれぞれが、サラサラ汗、ドロドロ汗を出すのです。

 

エクリン腺からはサラサラ汗

エクリン腺は体のほぼ全身にあって、汗の大部分はこのエクリン腺から出る汗だそうです。

運動などによって発汗し、体温低下のために蒸発しやすいものとなっています。また、辛いものを食べたり、緊張したりすると出るのもこの汗がほとんどです。

 

いわゆる普通の「汗」と言われているものはこちらですね。

 

ちなみにエクリン腺から出る汗は無臭で、皮膚表面の菌の繁殖を防いだりする役目もあるので、これによる臭いの抑制効果もあるそうです。

 

なので、これはいい汗ですね。今回調べているベタベタの汗とは違います。

 

アポクリン腺からはベタベタ汗

ベタベタ汗の原因はこの「アポクリン腺」から出る汗です。体の一部から出る汗で、毛穴と同じ穴から分泌されるのだそう。

 

タンパク質、糖質、脂質、アンモニアなどを含んでいるので、粘り気のある汗になるそうです。いわゆる老廃物なんかもこのなかに含まれます。

 

つまり、日ごろ運動しない状態でいきなり運動を始めると、アポクリン腺に溜まっていた老廃物(ベタベタするもの)が出てきて、ベタベタした汗に感じるということらしいです。

スポーツの習慣がある人は溜まっている老廃物の量が少ないため、ベタベタと感じることが少ないというのも頷けますね。

 

また塩分を含まないため、皮膚上の菌が増殖しやすく、においの原因ともなります。

 

汗の臭いがきつかったり、ワキガなどの原因にもなるそうです。

 

それ以外にもベタベタ汗の原因が

ベタベタ汗の原因にはもう一つ、皮脂腺があります。

全身の皮膚に分布しており、皮膚を湿潤に保つ効果があるそうです。

 

油脂成分なので、こちらもベタベタですね。

さらにここから分泌される油脂成分が、さらに汗の臭いを強くしてしまいます。

 

この皮脂腺からでる分泌物は、動物性脂肪を多く摂取していると分泌量が増えます。それによりさらにベタベタした、臭いのある汗になってしまうのですね。

 

ベタベタした汗を防ぐには、習慣的な運動が一番

f:id:sakanahana:20170917163238j:plain

ベタベタの原因は体に溜まった老廃物が汗とともに出てきていることなので、体に老廃物を溜め込まないことが重要になってきます。

 

それには、運動を習慣化して汗をかき、溜まる前に出してしまうのが一番です。

健康的な体にもなりますし、一石二鳥ですね。

 

そういえば私は春先から運動を週2回ほど継続してやっていますが、汗はサラサラです。ベタベタの汗というのはほとんどかくことがないので、効果を実感できています。

 

その他、汗をかく行為(半身浴など)でも効果があるそうです。

 

運動不足は汗にも出るんですね。

なんか自分の汗がベタベタする、、、と感じたときは、体からのシグナルと捉えて、運動するようにしていこうと思います。

 

スポンサーリンク
-->