さかなログ

さかなログ

調べたこと、感じたこと、やってみたことを綴る備忘録的日記ブログ

筋トレしないで1ヶ月経ったらどのくらい筋力が弱っているのかを検証

肋骨にヒビが入っているのが発覚してから1ヶ月。

 

 

www.sakanalog.com

 

ようやく完治しました。

f:id:sakanahana:20171017233641j:plain

 こんな体勢もできちゃう。

 

この1か月はホントに長かった。時間的には大した期間じゃありませんが、何より筋トレできなかったのがキツかった。

 

トレーニングの中では胸のトレーニングが一番好きです。成長したことが分かりやすいし、筋肉痛にもなりやすいし。何より記録の伸びが早かったので、毎回胸の筋トレの日は楽しみでした。

 

それができなくなってしまいましたからね。長かった。

 

まあ、脚トレとか、胸に影響のないところがないところはボチボチやってたんですけどね。

 

(余談ですが脚トレも結構好きです。記録がバンバン伸びていくし、見た目もすぐに変わったので。キツイですけど。)

 

 

ヒビが入って筋トレができない、ということになった時、

『この期間でどれだけ筋肉が落ちてしまうんだろう』『せっかく今まで頑張ってきたのが水の泡になってしまうんではないか』とものすごく不安になりました。

 

ケガではないにしろ、そんな悩みを抱えている人は多いんじゃないでしょうか?

仕事や家庭の事情でしばらく筋トレできない、その間どこまで筋肉が落ちてしまうんだろうか?

と考えることもあると思います。

 

 

てことで、前置きが長くなりすぎましたが、

ここでは私の実体験として、1ヶ月筋トレできないとどのくらい筋力が落ちたのかを書いてみたいと思います。

 

条件

検証部位:胸筋

部位はもちろん胸筋。

測定項目:チェストプレス重量(MAX)

週一回チェストプレスの日がありましたので、その重量で比較。

MAX重量(1回挙げられる重量)での比較です。

 

結果

怪我前:84kg

怪我後:72kg

 

84kg→72kgに低下しました。

やっぱり下がってますか、、、分かってはいましたが、やはり結果を見ると残念ですね。

ただ、筋トレを始めた最初の記録が48kgだったので、それに比べれば筋肉はある程度維持できているんですね。

 

(てか48kgってのは逆に驚きです。今ではウォーミングアップの重さですからね。)

 

1ヶ月くらい筋トレをしない程度では、全ての努力が水の泡になったりはしないようです。

 

 

すぐに戻りそうな感触も

やってみて思ったんですが

確かに重量は落ちましたけど、元の重量(84kg)でもそこまでキツくないような印象を受けました。

 

なんていうんでしょうか?『久しぶりにやったから慣れてなくて上手くできない』という感じ。

 

見た目的にも筋肉が小さくなっている気はしません。

 

なのでもしかしたらすぐに元の重量に戻るかもしれません。

 

という淡い期待を抱いております。

 

 

まとめ:怪我をしないことが一番

 

とはいえ、記録が落ちたのは事実。かなりヘコむ。

 

で、結局ここに戻っちゃうんですが、怪我をせずに健康でいられたなら、この一ヶ月もトレーニングできていたのになーという思いが強いです。

 

健康になるためにトレーニングしているのに、健康でなければトレーニングもできないということを改めて実感。

 

これからはより一層怪我に気をつけて、万全の状態でトレーニングを続けていきたいです。

スポンサーリンク
-->