さかなログ

さかなログ

30代で筋トレに目覚めたサラリーマンの 肉要素多め雑記ブログ

ゆで卵は筋トレ・ダイエットの味方 | 美味しい食べ方も紹介します。

f:id:sakanahana:20180604224200j:plain

ゆで卵は筋トレ・ボディメイク・そしてダイエットの強い味方と言われています。

では、その一般的な食品が、なぜそれらの肉体改善に良いのかを見ていきましょう。

さらに、『ゆで卵食べ過ぎて飽きたよ、、、』という方に、超簡単に美味しくなる『煮卵』の作り方をお教えします。

 

卵の特徴について

栄養価は意外とそこそこ

卵は完全栄養食品!だとか、タンパク質がたくさん含まれてて素晴らしい!だとかボディビルダーは生卵飲むんでしょ?だとか、、、

卵は素晴らしい食べ物でそれさえあればオーケー!みたいなことを聞いたことがあるかもしれませんが、ダイエットや筋トレの観点からすれば、そこまで素晴らしいバランスではありません。

脂質は結構含まれてますし、カロリーだってやや高い。他に低脂質で高タンパクの食品は多くあります。

決して悪いわけではないです。ですが諸手を挙げて賛同するほど凄くもない。言ってしまえば『そこそこ』と言ったところでしょうか。

 

しかしこんなことを書きながら、やはり卵はダイエットや筋トレに最適です。

 

値段が安い

まず、値段が安いです。10個入りで200円も出せばお釣りがくるところもあります。

ボディメイクを前提にした食品の味方としては、タンパク質量あたりの値段を見るとお買い得に買い物ができますが、そちらでも卵は優秀です。

ちなみにその他の食品と比較した記事はこちら。卵はやはり優秀ですね。

 

 

供給の安定

そして卵は非常に供給の安定した食品の1つです。卵は皆さん日常的に買うものの1つだと思うのでよくお分かりだとおもいます。

卵の品切れが続いたり、値段が跳ね上がったりしたことは、私は記憶がありません。

いつでも買えるというのは、継続が第一の筋トレ・ダイエットに適していると言えるでしょう。

 

 

保存や携帯性の良さ

ゆで卵にすれば、すぐに悪くなるということはありません。また、割れたりもせず、容器も気にしなくてよく、スプーンなどの道具もいらないので、携帯性がかなり良いです。

やろうと思えばどこでも食べられますので、プロテインなどのサプリのような扱いやすさがあります。

まぁ私は会社でゆで卵のみをモシャモシャ食べる勇気はないかもしれませんが、、、

 

 

腹持ちの良さ

そして満腹感が大きいです。意外とずっしりと重みがありますし、食べ応えもあります。腹持ちもいいです。

こういった面はダイエットに特にオススメです。

 

 

それでも飽きてしまったという方に

でも味が決まっているので、食べ続けて飽きてしまった方もいるかもしれません。私もなんども飽きてます。

そんな時、ちょっと工夫するだけで飽きずに美味しく食べることができるのもゆで卵のいいところ。調味料を変えたり、何かと混ぜてみたり。

私のオススメは煮卵にすることです。味が染みて美味しく、飽きることなく食べられるので、楽しみになります。

簡単に作れますので、その作り方をご紹介します。

 

世界一美味しい煮卵の作り方を参考

ブロガーである『はらぺこグリズリー』さんの書籍、世界一美味しい煮卵の作り方、という本を参考にしています。

この作り方の素晴らしいところは、

  • 誰でも半熟に茹でられる
  • 材料が卵と麺つゆのみ

といった、誰でもできる方法であるということです。

私は携帯性や好みの問題から半熟ではなくしっかりと黄身まで固まったゆで卵にしてますが、それでもしっかりと味は染み込みます。

 

半熟にする方法は、腹ペコグリズリーさんのブログをご参照ください。

はらぺこグリズリーの料理ブログ

このブログは簡単においしい料理の作り方を紹介してくれる素晴らしいところです。ぜひ見て挑戦してみることをおススメします。

減量期には厳しいですが、次の増量期にはいろいろチャレンジしようと楽しみにしています。

 

ちなみに固めに仕上げる卵の茹で方は、

1.鍋に卵が半分浸かるくらいに水を入れる

f:id:sakanahana:20180604225152j:plain

2.火にかける前に卵を入れる


3.蓋をして強火で6分加熱する

f:id:sakanahana:20180604225246j:plain

4.6分経ったら火を止めて、蓋は外さない状態でさらに6分間放置する

f:id:sakanahana:20180604225353j:plain


5.6分経ったら冷水で冷やし、しっかり冷えたら殻を剥く(このやり方をすれば、私は失敗したことはありませんし、殻もツルッと剥けます。)

 

という茹で方で確実にしっかり固い茹で卵ができます。しかも剥きやすいというメリットもあります。

 

続いては煮卵の味付けです。

6.卵を容器に入れ、麺つゆを卵が半分くらい浸るまで入れる(麺つゆは2倍濃縮がちょうど良いです。3倍でもいけます。)

f:id:sakanahana:20180604225525j:plain


7.上にキッチンペーパーを乗せ、麺つゆが染み込むようにする

f:id:sakanahana:20180604225732j:plain

8.冷蔵庫で1日浸して完成!

f:id:sakanahana:20180604225818j:plain

 黄身にも染み込んでます。

f:id:sakanahana:20180604225957j:plain

めちゃくちゃ簡単です。そして美味しいです。

これなら飽きずに食べられます。

オススメ。

 

レンジでゆで卵

一人暮らしの方、少量で良い方は、レンジでゆで卵も作れます。

私はこれを持ってます。

 

半熟も固めもいける優れもの。2個作れるのでちょっとだけ欲しい時にはこれで作ります。

 

 

まとめ:ゆで卵を有効活用しよう

栄養素としてはソコソコの結果でしたが、その他の利点でやはり卵はとても優秀な筋トレ・ダイエット食材です。

簡単に作れて失敗せず、味を変えて飽きずに食べられるよう、工夫しながら有効利用していきましょう。

スポンサーリンク
-->