さかなログ

30代で筋トレに目覚めたサラリーマンの 肉要素多め雑記ブログ

【筋トレ日記】減量3週間目。体調を見極めて食事を変えることの重要性について

減量3週目が経過しました。

 

体重は順調に減っていますが、今週からペースは落ちてきました。

 

また、体調の変化と栄養、その後の体重減少について気づきがあったのでご紹介。

 

 

体重は72.1kg

3週間目の体重は72.1kgでした。

先週が72.7kgだったので、-0.8kgという結果です。

f:id:sakanahana:20181009225628p:plain

ダイエット開始は76.1kgだったので、3週間で4.0kgの減となりました。

順調。極めて順調です。ここまで予定通りに減量が進むのは初めての経験です。

 

以前と比べて筋量が増えたからでしょうか。そう思いたい。

 

 

減量ペースは緩やかに

流石にここまで体重が下がると、ペースはやや低調になってきました。

はじめのうちは太りすぎだったので、簡単に痩せることができたのですが、ある程度減量が進むとスピードは落ちてきます。

 

これはごく自然なこと。むしろ今までのペースが早すぎるくらいですし、今でも計画通りかやや早いくらいのペースです。

 

ここからはさらにゆっくりになってきますし、停滞する可能性も上がります。

チートデイをうまく使う必要が出てきそうです。

 

 

体調の変化を感じて食事をコントロール

3週目は木曜日に、身体の異様なダルさと頭の回転の鈍さが如実に感じられました。さらに、今まで木曜日には原料の記録更新をすることが多かったのですが、今週は下がらず。

 

これは身体が省エネモードに入ったのかもしれないと判断し、その日は炭水化物をいつもより300kcal分多く摂取。

総摂取カロリーは通常の1500kcalにプラスして、1800kcalです。

 

これが功を奏し、翌日は倦怠感が全くなく、むしろ快調。さらに体重もストンと落ち、次の日に記録更新しました。

 

私の中では、これは省エネモード(停滞期)に入りかけていたと思っています。それが、炭水化物の摂取増加によって早めに解除されたのかなと。

 

これだけ体調の変化を感じることが出来たのも初めてだったので、実験のつもりでやって見ましたが、うまくいってよかったです。

 

やはりボディメイクをするには身体の声をちゃんと聞いてあげることが大切なんだと、改めて認識することができました。

 

 

まとめ

栄養、休息、運動。

体を健康的に、そしてスマートに保つには、これらの基礎が大切です。

 

しかし、自分の体がその三要素のうち、"どれ"を"どのくらい"求めているかがもっと大事。

それに気づくには、身体の声を聞くことが重要です。

 

今日の体調は?

いつもと何が違う?

違う理由は?

 

といった点がとても重要になりますので、変化を細かく感じられるように常に感覚を研ぎ澄ましていたいです。

 

今回もまた新たな発見がありました。

これだから筋トレはやめられない。

 

それではまた!

 

前週の結果はこちらをどうぞ

【筋トレ日記】減量14日目。チートデイの食事紹介 - さかなログ

スポンサーリンク
-->