さかなログ

30代で筋トレに目覚めたサラリーマンの 肉要素多め雑記ブログ

ダイエットを始められない人は、空腹を怖がり過ぎているから【対策】

 

「ダイエットをしたいけど、なかなか始められない。始める踏ん切りがつかない。ココを乗り越えて進みたいけどいい方法があれば教えて欲しい。」

 

という方向けの記事です。

 

ダイエットしなきゃと思いながらなかなか実行に移せず、まさに「ダイエットは明日から」状態の人、かなり多いと思います。

 

ダイエットを始められない人は、空腹を怖がり過ぎています。我慢するというストレスを恐れています。

また、完璧を求め過ぎてることも始められない理由の一つです。

 

私も以前は上記の通りで、なかなかダイエットを始められなかったのですが、ダイエットを成功できるようになってからは以下の結論に達し、ダイエットをすぐに始められるようになりました。

結論としては、空腹なんて怖くないし、すぐに慣れますので、そんなこと考える前に、今この瞬間から始めよう、ということです。

 

60日で-6kgを何度かしています。はっきりいって、このくらいなら楽勝になりました。

 

www.sakanalog.com

 

 

 

空腹を怖がるのは本能

f:id:sakanahana:20190113220247j:plain

たしかに空腹は、飢餓で死なないように体に備わっている本能的なものです。根本的に、空腹を避けないといけないと感じるのもわかります。

 

なのでダイエットをしようと決意するときに、躊躇する意思が働くのです。

 

漠然と怖がっているだけ

ただし、その恐怖がどのくらいのものなのか、漠然としているから余計に怖いのです。

ただ闇雲に怖がっているだけ、とも言えます。

 

しかし漠然と怖がっているだけではなにも根拠がありません。

冷静になって自分の頭でちゃんと考えてみましょう。空腹ってそんなに怖いですか?

 

空腹が怖くない理由①:1週間もすれば慣れる

人間はすぐに慣れるものです。食事の量を減らしすと最初は空腹感があるでしょうが、1週間頑張ってみましょう。

その頃には食事の量に慣れ、「別にこのくらいの量で大丈夫」状態になっています。

逆にそのくらいで体重に変化が出てきます。体重が減ってると嬉しいもの。努力に対する結果が出てるわけですので。

そうするとさらにやる気が出てきます。好循環の始まりです。

 

空腹が怖くない理由②:ダイエット時でもそこそこ食べている

f:id:sakanahana:20190113220506j:plain

ダイエットというと極端に食べる量を減らしたり、食べ物を偏らせたりする人が多いです。

 

極端に食べる量を減らす→1日1食のみにする

 

食べものを偏らせる→炭水化物を完全にカットする。バナナだけしか食べない。など

 

これじゃあ流石にストレス溜まりますね。

しかし、本当は極端に減らす必要なんてないのです。

 

いつもの食事からちょっとだけ減らす

→体重が減る

→体重の減少が止まる

→その頃には今の食事に慣れているので、そこからさらにちょっとだけ減らす

→体重が減る

 

実際はこんな感じです。これなら簡単そうでしょ?

 

空腹が怖くない理由③:そもそもそんなにストレスじゃない

f:id:sakanahana:20190113220531j:plain

冷静になって考えてみればわかりますが、空腹なんてそんなにストレスじゃないです。

例えば仕事が長引いている時、会社にいなきゃいけない強制力があれば空腹なんて簡単に我慢できます。お腹が空いて居ても立っても居られないほどなんてのは、よほど何日も食べてないとかじゃない限りありません。

つまりその時点で空腹に打ち勝っているのです。

ダイエットの空腹なんて大したストレスじゃありません。むしろ、そう思い込ませるくらいに自分にマインドコントロールをかけるとうまくいきます。

 

ここまで見ていただけると、空腹なんて大したことじゃないということがわかってもらえるかと思います。

 

さらには、以下のような方法や考え方だってあります。

 

ゼロカロリー・ローカロリーを選んで食べる

ダイエットはカロリーが全てです。消費カロリー>摂取カロリーになれば痩せます。

  • もうあんまりカロリーを取れない、、、
  • でもお腹が空いてどうしようもない、、、

といったときは、ゼロカロリー・ローカロリーでお腹に溜まるものを食べればオーケーです。

ゼロカロリーでお腹に溜まるものなんて沢山あります。

このゼリーなんてオススメです。自分も結構食べてました。

 

またローカロリーでお腹に溜まるものもたくさんあります。おでんはとても優秀です。

おからクッキーなんてものもあります。美味しくてお腹に溜まりやすいのでオススメです。

 

 

 

たまに食べ過ぎたってなんてことはない

さらに言えば、たまに食べ過ぎたってなんてことはないです。

例えば今日食べ過ぎてしまっても、一週間や1ヶ月のスパンで考えれば大したことはありません。

さらに、今日食べ過ぎたから明日は減らそうなんて考えなくてもいいです。明日は目標通りにすればオーケー。

1番いけないのは、食べ過ぎたことで自分を責め、自信を無くしてダイエットを辞めてしまうことです。

気軽に考えて、また明日から淡々と目標をクリアしましょう。

 

たまに食べる日を設けてもいい

たまにはそういう日を作ってもいいでしょう。

例えば飲み会の日は気にせず食べていいだとか、土曜日の夜は美味しいものを食べるだとかです。

どのくらいの頻度ならオーケーかというと個人差あるのですが、2週間に1回くらいならオーケーですね。

ダメなのは2日連続超えること。1日超えてしまったら、しばらくは頑張りましょう。

 

まとめ:とにかく始めましょう

なかなかダイエットを実行に踏み出せない人は、単に怖がり過ぎているか、完璧主義の人が多いと思います。

何でもそうですが、やってみなければ何もわかりません。とにかく始めましょう。意外と大したことじゃないというのが分かるはずです。

そして完璧を求めず、ゆるい気持ちで始めましょう。たまに達成できなくたってオーケーです。

大事なのはその次の日にちゃんとやることなので、そのくらいの気持ちでいきましょう。

スポンサーリンク
-->