さかなログ

さかなログ

30代で筋トレに目覚めたサラリーマンの 肉要素多め雑記ブログ

ダイエット中にも好きなものを食べる方法 | ストレスフリーでダイエットしよう

f:id:sakanahana:20180826070729j:plain

ダイエットは好きな食べ物を我慢して、質素な食事に徹しなければいけないという考えがあると思います。

  • スイーツ
  • 焼肉
  • ラーメン

これらの食べ物は食べられず、とにかく我慢。

その我慢がストレスになり、反動でやけ食いしてしまったり、ダイエットが終わった瞬間に食べたいものをなんでも食べて、リバウンドしてしまったり、、、

そんな経験した方も多いのではないでしょうか?

では本当にダイエット中はそれらのような食べ物を食べてはいけないのか?というと、そうではありません。

ここでは、ダイエット中でも好きなものを食べ、ストレスをできるだけ溜めずにダイエットの成功確率を上げる方法をご紹介。

 

もちろん、『好き放題食べて何も努力せずに痩せる!』というような曰く付きのものではありません。

自分の食事をコントロールして、好きなものを食べてもいい状態にすることが重要です。

 

カロリーの基本の考え方

まずはここを理解することが重要。

ダイエット中のカロリーの考え方として、大前提があります。それは、

『消費カロリー>摂取カロリーにすれば痩せる』

ということ。

消費カロリーとは基礎代謝(何もしなくても体を維持するために必要なカロリー)+活動する為のカロリー(歩くなど、体を動かす際に必要なエネルギー)のことですので、このカロリーより食べなければ痩せます。

自分の消費カロリーを知るにはこちらの記事をどうぞ。

 

 

www.sakanalog.com

 

あとは食べているもののカロリーを調べ、1日の合計が消費カロリー以下になっていればダイエットが可能です。

 

 

好きなものを食べてもOK

そして、極端なことを言えば、このカロリー内であれば何を食べてもOKです。ケーキだから太る、、、とか、ご飯は太る、、、だとか、食材によって太りやすさが違うということはありません。

(実際はバランスよく食べる方が健康的にも望ましいです。)

この考えの元、好きな食べ物を食べることが可能になります。

 

 

まずはカロリーをコントロールする

好きなものを食べるためには、まずは普段の食事からカロリーを調べるように習慣化し、自分の食べているものがどのくらいのカロリーなのかを把握しましょう。はじめのうちは面倒臭いと思うかもしれませんが、意外とすぐに覚えてきますので、料理を見ればだいたい何カロリーなのかが分かってきます。

食べているもののカロリーが把握できるようになれば、次の段階へ進みましょう。

 

 

好きなもの分のカロリーを空けておく

1日の摂取カロリーをコントロールできるようになったら、次は、食べたいもの分のカロリーを把握し、そのカロリー分を空けておきましょう。

つまり、食べたいものを食べても1日の摂取カロリーが消費カロリーを超えなければいいのです。

例えば夜のご飯を抑えて、その空けたカロリーでお菓子を食べるだったり、

朝食と夕食を抑え気味にして、お昼にガッリラーメンを食べたり、

といった具合です。

こうして見てみると、なにも難しいことはありませんね。ですがこの方法で、好きなものを食べながら体重を減らすことが可能になります。

 

このやり方であれば、順調に痩せながら好きな食べものを楽しむことができます。

ここからは、好き放題食べたいものを食べたい!飲み会を思う存分楽しみたい!という人に、こんな考え方もあるよというものをご紹介。

 

 

たまにはオーバーしてもいい、という考え方

ダイエット期間中は節制が基本です。

ですが、『一日も失敗することなく、ずっと節制し続けなければならない』という考え方は危険です。その追い込みがプレッシャーになり、ストレスになって暴飲暴食→ダイエット失敗、、、となっては元も子もないからです。

私は正直この考え方をしていて、失敗を繰り返していました。

たまにはオーバーしてもいいや、くらいの気持ちで取り組むことが大切ですし、正直1日くらい暴飲暴食したって、数日で元に戻ります。

 

 

チートデイの有効活用

ボディビルダー(=ダイエットの達人)の減量にはよく、チートデイと呼ばれる日をもうけます。チートデイとは1週間〜2週間に一度のペースで設ける、なんでも食べていい日のことです。

カロリーが不足している状態を長く続けていると、体がカロリーをあまり消費しないモードになるとされています。

それを、たくさん食べてカロリーを取れる状態だと体に錯覚させ、省エネモードを解除するために行うものです。が、実際にはストレス解消にとっても有効な手段です。

たくさん食べるので一時的に体重は増えますが、私の場合は2〜3日で元に戻り、そこから減っていきます。

何より楽しみができるので、そこまでダイエット頑張ろう!という気になります。

 

 

チートデイの注意点

チートデイは有効な手段ですが、短期間で何度もしてしまえばそれはただの暴飲暴食。

あくまでも『たまに』する程度にしないと、逆に太ってしまいます。

上にも書きましたが、2週間に一度くらいのペースがいいと思います。

間違っても2日連続でチートデイ、なんてことはしてはいけません。私の経験上、2日連続だと太ります。

 

 

低カロリー食品を利用する

また、どうしてもお腹が空いてしまう!間食を我慢できない!という方は、低カロリー食品を利用しましょう。

こんにゃくゼリーだったり、

 

プロテインだったり、

 

おからクッキーだったり、

 

低カロリーでお腹を満たせたりデザート感覚で楽しめるものはたくさんあります。

 

こういったものを有効活用することも良い手段です。

 

 

まとめ:ストレスフリーが1番大切

ダイエットは特にそうですが、何事も習慣化させるのに最大の障害はストレスです。

ということは、いかにストレスを感じないようにするかがカギ。

上に書いてきたような方法をうまく使って、ストレスフリーでダイエットを成功させちゃいましょう。

スポンサーリンク
-->